Teaching menu

経営進化塾
対象:現役の経営者や経営後継者、経営幹部、創業準備中の若手等
プロ経営者を目指す塾です。2011年より継続実施しています。
少人数の私塾ですが、講師は4人体制で運営しています。
毎年2、3名の新規メンバーを募集しています。

開催日時

1年単位、1期10講座で、毎期10月から翌年7月までを1クールとして、毎月開催しています。

10:00 〜 17:00 毎月第4土曜日 17:00以降 懇親会開催予定

 ( 10:00 〜 13:00 基礎塾 / 14:00 〜 17:00 実践塾 )

概要

 基礎塾  経営者が身に付けるべき経営の基本要素の学習。

 ( リーダーシップや経営戦略、マーケティング、人材育成、マネジメントなど )

 実践塾  優れた経営企業の研究、ドラッカーなどの経営の基本書の読書。

社員研修
定番として提供している研修に加え、
個別企業向けに修正して提供することもできます。

オーダーメイド・セミナー・講演

企業が個別に抱える課題に関するセミナーや講演を実施しています。

社員研修で取り扱う定番研修をベースに企業さまの希望に合わせて提案します。
打ち合わせを行い、意図を把握して、セミナーや講演を企画提案して実施するので、提供してきた企業さまから高い評価を得ています。

A. 「人生3分(じんせいさんぶん)の計」研修

所要時間:半日

概要:人生を大きく3分割して生きる。1日を3分割する。持ち時間を3分野に分けて生きる。など、タイムマネジメントを意識した生き方のノウハウを学ぶ。

B. 未来対応型研修

所要時間:半日・2日・3日
概要:人生やビジネスは常に未体験な課題にぶつかる。初めて出会う課題を明快に解決する。経験的な問題解決法から脱却し、未来志向の問題解決技法を学ぶ。

C. 企業理念研修

所要時間:半日・1日
概要:企業理念が持つ機能や効果を理解する。企業理念が企業経営の基盤であることを事例を使って学ぶ。

D. ビジネスモデルキャンバス(BMC)実践研修

所要時間:半日・1日
概要:既存事業や新規事業など、自社のビジネスモデルを明確にする手法を学ぶ。明確化したビジネスモデルから改善課題を見出すことができる。

E. マネジメントゲーム(MG)研修

所要時間:初回は2日コース
概要:新入社員から経営者まで、企業経営の基本を身に付ける実践的な研修で、プライシングや経営数値の大切さなどをゲームで学ぶ。

F. 経営品質向上研修

所要時間:半日・2日・3日

概要:経営品質とは何か。経営品質をどのようにして向上させるのか。自社の経営品質レベルをどう判定するか。など、経営品質の入門から実践的ノウハウまでを学ぶ。

G. 経営者研修

所要時間:1日・2日

概要:主に、中小企業経営者向けの研修で、それぞれの経験値を踏まえ、より良く、より強い企業を作り上げていける経営スキルを学ぶ。

H. 管理職養成研修

所要時間:1年間コース

概要:中間管理職が身に付けるべき、リーダーシップやマネジメントの基本から実践的知識とスキルを学ぶ

I. コーチング型リーダーシップ研修

所要時間:半日・1日

概要:経営者から現場のリーダーまで、効果的なリーダーシップを学ぶ。

J. KPI構築研修

所要時間:半日・1日

概要:会社経営に必要なKPI(主要な指標)とは何か、どのように設定し、把握し、活かすのかを学ぶ。

K. 顧客満足・社員満足・エンゲージメント調査法研修

所要時間:半日・1日

概要:ES/CS/エンゲージメントを調査する必要な項目とは何か。どのように調査し、分析し、活用するのか、具体的な方法を学ぶ。

L. 朝礼改善セミナー

所要時間:半日・1日

概要:優れた組織を創るのは朝礼の改善から始まる。どのような朝礼が有効なのかを事例を使いながら学ぶ。

M. BCP(事業継続計画)作成セミナー

所要時間:3時間

概要:自然災害やテロ、システム障害、不祥事発生など、企業活動が停止する状況下で、重要な事業を継続できるよう対策を用意しておく方法を学ぶ。 

N. RFA(リード・フォー・アクション)法に依る読書会

所要時間:2〜3時間

概要:共創型組織学習メソッド(RFA)を使って、チームで、課題図書を探索し理解する

 読書会。輪読でもなく、精読でもないチームによる深堀り読書会

O. 経営改善ツール実践セミナー(シリーズ) 

所要時間:3時間(1ツール)

概要:現場改善や経営課題改善に効果的なツールやノウハウを実践的に学ぶ。

 具体的なツール例:

・MSC(ビジネス・スコア・カード)の作り方と活用法

・マンダラ・拡大マンダラの活かし方

・TA(交流分析)の活かし方

・SWOT分析の使い方

・リスクマッピングの使い方

・QC7つ道具の活用法

・5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の定着法

・SDGsの活かし方

・他